気になる親バレ事情について

学費や生活費を使いこんでしまって融資を受けるとなると、やはり親にはバレたくはないというものでしょう。
キャッシングもしバレてしまったら小言を言われるのに間違いありませんし、あまり迷惑をかけ過ぎてしまうのも気が引けますので、できれば知られずに自己完結できればこれに越したことはありません。
通常のキャッシングやローンといった融資サービスを利用する際には、もしも返済不能になってしまった場合のことを考慮して、親への連絡と確認を取るのが一般的で、大型の融資になればなるほど、この確認の過程が重要視されることになります。
一方で学生ローンはというと、保護者への確認があるサービスと無いサービスの2種類があり、後者を選べば親バレの問題は解決が可能です。

学生ローンの保護者への確認がなされない理由はいくつかありますが、最大の理由はやはり融資金額の問題です。住宅ローンのように数千万円の融資、あるいは自動車ローンのように数百万円の融資とは違い、学生ローンは利用限度額が10万円単位で比較的小さな額になっています。少額ならばすぐに返済してもらえる可能性が高く、不良債権化する可能性も低いため、両親への連絡もせずに信用だけで融資してくれる、というわけです。